etutu

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは!

個人的な話ですが
最近初めてクラウドファンディングに協力しました。
コバヤシエツコ(エツツ)さんという、パリで活躍されるアーティストの
作品集を作るためのクラウドファンディングでした。

エツツさんは、長野県出身の女性で、2001年から15年間パリでアーティストとして活躍されているそうですが
ちょうど一年前に私がパリに初めて旅行へ行く少し前に一時帰国されており
知人の紹介でお店に来て、いろいろとアドバイスをしてくれました。

その時から素敵な方だなぁと思っていましたが
今回クラウドファンディングが成功して晴れて初の作品集を出されましたが
出来上がった作品集と、エツツさんからの手紙を見てとても感動しました。

エツツさんのいるパリの59リヴォリという場所は
1999年に3人のフランス人アーティストによって不法占拠された建物で
今や世界中のアーティストが寝泊まりしながら創作活動をしているのだそうです。
旅行の際に行く予定だったのですが
直前にテロがあって行くことができませんでした。
一度行ってみたい場所です。

私はアートに決して詳しくないけれど
誰かによって一から生み出されたものを見て
心が興奮したり、悲しくなったり、感動したりするその影響力ってすごいといつも思います。

料理人が技術と感性を駆使して美味しい料理を作って
食べる人を感動させるのも同じだと思います。

最近は、とても優秀な営業マンが巧みなトークで
相手の気分を害すことないまま大きな契約をスっと取ってくるのも
同じくらいすごいな、なんて感じます。営業もアート。(笑)

結局、感動することが人の気持ちや行動に一番影響を与えられるものだって思います。
エツツさんは手紙の中で15年間のアーティスト生活の苦労や葛藤を語り、
それでもほぼ毎日作品を描き続けたこと、その時の身体の状況が如実に作品に表れていたと後から気づいたこと、そして自分は自分の生き様を見せびらかす露出狂なのだと思うなどということを語っています。

そんな生き様を見て、私は本当に励まされたし
エツツさんの人としての魅力、パワーに引き込まれてしまいました。
そんな人間になれるってすごいことですよね。

「人は、たましいの成長のために生きているといいます。
そのたましいの流れは
らせんかいだんをのぼっていくようなかたちだという人もいます。
私もまったくその通りだと思っています。
人は、くりかえすものだと思うので、おなじような問だい
にくりかえしぶつかりながら、でも、かくじつに
一歩一歩かいだんをのぼっているのだと思います。」

手紙のこの言葉にえらく感動して
私は目頭が熱くなりました。
全然住む世界もやっていることも違うけど
同じような気持ちで私も生きたいなと。

エツツさんの作品集やお手紙
ご興味ある方はお店するので是非お声かけくださいね☆

 

中島

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">